『負のデザイン』

【小さくても幸福な世界をつくる負のデザイナー】

小規模な暮しの実現に向けて、欲望と必要の区別を示し、様々な無駄を検証したデザイン論。一見非生産的にみえる「止める・減らす・省く・放置する等の行為」の価値を積極的に評価したチョットへそ曲がりな文明批評でもあります。


<目次>

正と負
負のデザイン
生存レベルと暮らしレベル
創造行為としての正負
ディスカバー・デザイン
負のデザインとデザイン教育
「つくる人」はえらいか
「かっこいい」の正体
小さな家
贈りもの
抽象のデザイン
開発という破壊
所有権の放棄
時間
無いこと・在ること
貧乏という質素
あとがき


■著者:森本 武
■出版:(株)JDC
■寸法:180×182mm
■内容:100ページ
■発売:2010/9/20(1994初版)
■税込価格:1,000円


(K's Point会員 税込価格:800円)
K's Point会員の方は、会員価格でお買い求めいただけます。
直接メールでkspoint1998@yahoo.co.jpまでご希望の書籍名と冊数をお知らせください。

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。