真理の最高峰アシュターヴァクラ・ギータに学ぶ 「完全な自由」を生きる5つの秘訣

【真実は、あまりに単純で、あまりに近くにあるのです。】

ひとは、自分の望んでいるものの実体を知らず、全く的外れなものを欲しているようです。しかも、その欲望さえも満たされず、惨めな思いを抱えているひとが少なくないようにみえます。
自由は、ひとが生来に所有しているものなので、本来、それを求めて奔走する必要はないはずなのです。
本書は、われわれの意識を覆う無知を問題にし、思考からの解放を「単純」に「明瞭」に指摘したアシュターヴァクラ・ギータの教義を、5つの観点にしぼり、現代の生活者に向けて読み解いたものです。




【目次】

はじめに
本書における用語について

一章
"正しい、正しくない。喜び、悲しみ。これらは、みんなこころがつくるもの。あなたは、それらではない。"

二章 
"努力は悲しみの根本原因なのである。"

三章
"形をもつものは、すべて幻影なのだ。形のないものだけが、滅びない。"

四章
"「私」は海、全世界は波。これが真実である。"

五章
"全世界を見ているひとつの目があなたなのだ。世界と自分を分けたとき、あなたは不自由になる。"

(補)いわゆる「神」について




【書籍情報】

■著者:森本 武
■出版:NPO K's Point
■寸法:105×148mm
■内容:125ページ
■発売:2020/3/4 第一刷
■税込価格:800円

(K's Point会員 税込価格:560円)
K's Point会員の方は、会員価格でお買い求めいただけます。
直接メールでkspoint1998@yahoo.co.jpまでご希望の書籍名と冊数をお知らせください。

¥ 800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

ショップの評価